指の体操|かないわデイサービス 上永谷

指の体操

2019年8月13日 : ブログ,芹が谷,認知症予防

こんにちは!!

かないわデイサービス芹が谷管理者の石井です。

 

暑い日が続いていますが、

みなさま熱中症や脱水症などに

なってはいませんか?

今年の夏は、

去年よりも気温が高く

熱中症での

救急搬送率もとても高くなっています!!

 

「トイレが近くなるから」

「エアコンはあまり好きじゃないから・・・」

と言った言葉をお客様からよく聞きますが、

熱中症は自宅内でも多く発生しています!!

なので、

細めに水分補給をし、

室内温度の調節を

必ず行うようにしてください!!

 

脱水症状時は

爪の変化で脱水症になっているかどうか

確認することができます。

(この確認方法は先日テレビでも紹介されてました!!)

 

親指の爪を押して

爪の色が戻るのに

3秒以上かかれば脱水症の恐れがあります。

 

又、お手洗の回数が少ない、尿の色が濃くなっている

なども挙げられております。

 


今回のブログでは、

指の体操についてご紹介させて頂きます。

 

指を活発に動かすと

その刺激は脳に伝わります。

 

①指折り運動

手をしっかりと開きます。

親指から順に

指を一本ずつ折っていきます。

小指まで折ったら拳を作ります。

次は小指から順番に一本ずつ開いていきます。

これを何度か繰り返し行っていきます。

 

②指合わせ運動

親指を人差し指から順に合わせます。

親指を軸に人差し指 中指 薬指 小指の順で

輪っかを作るように合わせていきます。

 

片手ずつか両手で同時に行ってください。

 

③指回し運動

手のひらを付けずに

野球ボールが入るような

空間を作り両手の指先を合わせます。

他の指が離れないように意識し

対になった指同士が触れない様に回します。

 

右回り・左回り

20~30回程を目安に行ってください。

 

脳の体操にも繋がると

言われていますので

是非継続して行ってみてください。

»

1 / 2