職員研修|かないわデイサービス 上永谷

職員研修

2017年7月31日 : 上永谷,職員研修

こんにちは。

かないわデイサービス上永谷 管理者の杉山です。

 

毎日毎日暑い日が続いておりますが、皆さまいかがお過ごしでしょうか?

 

私はクーラーを付けっぱなしで寝てしまったせいか、

夏風邪を引いてしまったようです💦

 

そのせいでこの時期、

美味しいはずのビールがぜんぜん美味しく飲めません。。。😭

 

早く治して美味しく飲みたいと思います!!!!笑

 

7月も今日で終わり、明日から8月です。

本当に1週間、いや1ヶ月経つのが早すぎです💦

 

あと10日もすれば暦の上では秋になります。

とは言え、まだまだ暑い日は続きますので、

熱中症や夏風邪には気を付けながら

楽しく夏を過ごして下さい。


 

さて、今月はトレーニングの紹介ではなく、

かないわデイサービスの職員研修の話しをさせて頂きます。

毎月職員研修を行っておりますが、

今回は7月20日に

介護技術の研修を行いました。

介護技術研修

職員それぞれが、

普段疑問に思っていることや、

どうやったらもっとスムーズに介助できるのか等いろいろ話しをし、

実技を交えながらそれぞれが勉強しました。

 

職員一人一人が積極的に取り組めた

非常に良い研修になったと思います。

 

また、かないわデイサービスの職員には、腰痛を持っている職員が多く(特に荒谷さん)、

介助する上でのボディーメカニクスも再確認してもらいました。

 

ボディーメカニクス

ボディーメカニクスとは、

人間の運動機能である骨・関節・筋肉等の相互関係の総称、

あるいは力学的相互関係を活用した技術のことです。

 

家庭で介護を担う人や、施設などで働く介護職員は、

介護を必要とする人を抱えたり、

持ち上げたり、支えたりしなければなりません。

 

そのため介護者の身体への負担は大きく、

介護従事者の8割が腰痛の経験をしている

という調査結果もあるようです。

 

このような介護負担を軽減させるには、

余分な力を使わず、

無理のない姿勢で介護する方法が有効です。

 

ご自宅で介護をされている皆様も

腰・肩など痛めないよう気を付けて頂ければと思います。

« O

2 / 2