食中毒予防|かないわデイサービス 上永谷

食中毒予防

2019年6月29日 : ブログ,上永谷

こんにちは。

かないわデイサービス上永谷 管理者の杉山です。

 

梅雨特有の湿度の高い、

じめじめ蒸し暑い日が続いておりますが、

皆様いかがお過ごしですか?

 

この時期は寒暖差や湿度のせいで、

身体が疲れやすく感じる時期でもあります。

 

それを予防する為、

私はフルーツを多く摂取するようにしています。

 

私が二十歳の頃、

仕事やサッカーの練習等で忙しくしていたせいか、

身体の疲れが全然抜けなくなってしまった事がありました。

 

その時のサッカーのコーチに相談したところ、

知り合いの栄養士の方に聞いて頂く事ができました。

 

その時栄養士の方から言われたのが、

フルーツ(ビタミン)を沢山摂るように!!

との事でした。

 

フルーツを摂るようになってからは、

本当に身体の疲れが取れました。

 

身体の疲れが取れなくて困っているという方は、

是非試してみて下さい!!!

 

ちなみに、

ここ最近はキウイフルーツが美味しいですよ!!

 

この時期、食中毒に気を付けましょう

〈 梅雨から夏にかけて発生しやすい食中毒 

食中毒の主な原因である細菌は、

気候が暖かく、湿気が多くなる梅雨から夏にかけて

増殖が活発になります。

食肉に付着しやすい

『腸管出血性大腸菌(O-157やO-111など)』

『カンピロバクター』

食肉のほか卵にも付着する

『サルモネラ』

による食中毒の発生件数が目立ちます。

食中毒症状は、

主に腹痛や下痢、嘔吐や吐き気などですが、

食中毒とは気づかれず重症になったり、

死亡したりする例もあります。

 

食中毒予防の3原則

1.『つけない』・・・洗う・分ける

食中毒の原因菌やウイルスを食べ物につけないよう、

こまめに手を洗いましょう

包丁やまな板など、肉や魚などを扱った調理器具は

使用するごとに洗剤で洗い、できるだけ殺菌するようにします。

また、

肉や魚の汁が他の食品に付着しないよう、

保存や調理時に注意が必要です。

 

2.『増やさない』・・・低温で保存する

細菌の多くは10℃以下で増殖のペースがゆっくりとなり、

マイナス15℃以下で増殖が停止します。

肉や魚、野菜などの生鮮食品は購入後、

すみやかに冷蔵庫に入れて下さい。

また、庫内の温度上昇を防ぐため、

冷蔵庫のドアを頻繁に開ける事や

食品の詰め込み過ぎはやめましょう。

 

3.『やっつける』・・・加熱・殺菌処理

ほとんどの細菌やウイルスは加熱によって死滅するので、

しっかり加熱して食べましょう。

また、

肉や魚、卵などを扱った調理器具は

洗って熱湯をかけるか台所用殺菌剤を使って殺菌しましょう。

                 (全国健康保険協会から抜粋)

上記のことを参考にして頂き、

皆様も食中毒予防して下さい!!

»

1 / 45